数ある現実の中から、自分の好きな現実を生きる方法

スピリチュアル

愛や幸福から切り離された現実を作り出す原因は、比較と恐れにある

私たちのエゴが感じる「この世界を生きている、実感している」という感覚は、
二元論によって作り出されています。

自分と、自分以外
生と、死
幸せと、不幸

身体をもってこの地球にいる私たちが人として現実で何かを感じるためには
常に比較する対象を探さねばならず、それが結果的に今の現実を創り出している
原因となっています。

また、エゴは、生きるための本能のようなものなので、
危険を察知するために
「こうなったら嫌だなぁ」と思うことに関心を向ける性質を持っています。

「人の不幸は蜜の味」という言葉がありますが、
どうして人はそういう発想をするのかというと、
自分の内側から幸せを感じるよりも、
自分が恐れる状況に陥っている他人と自分を比較をするほうが手っ取り早く
自分の幸せを感じられるような錯覚に陥るからです。

引き寄せの法則が失敗する理由としてよく言われるのが、
まさに、このエゴによる恐れの感情やイメージへのフォーカスです。

今、この瞬間が幸せだと感じていないとその幸せが引き寄せられてこない、
というあの状態です。

大丈夫だと思える気持ちや、安心している気持ちを先に自分の意識として
維持することが引き寄せの法則では重要
なのですが、
幸せと対極にある不幸な状況や感情・体験はとても強烈なインパクト
(ネガティブで波動の荒いものは重い、ポジティブで波動の細かいものは軽い)
があるので、意識して自分を幸せな状態の意識に引き上げないと、
引力で引き寄せられてしまうように、あっという間に飲み込まれてしまいます。

ポジティブな波動を維持するには、筋トレと同じように
ネガティブな波動がかけてくる負荷に耐えるための、心の筋力みたいなものが必要です。

理想を言えば、仏陀のような中道の境地にいたいることが最も人生は平穏なのですが
人は幸も不幸も体験して悟るように生まれてきているので、まずは
ネガティブな波動とポジティブな波動による性質の違いを認識し、
意識して自分の波動を調整できるようになるところから続けていきましょう。

見慣れた筋書き(古い常識や思い込み)を、全く違う脚本に変える勇気を持つ

自分の内側から幸せを感じる習慣がなく、他人と比較することで幸せの感じ方を
決める方法しか知らない・教えられていない人たちが、今の地球にはたくさんいます。

今の、というよりも、今までの地球の人達のほとんどがそうだったと
言い換えても良いかもしれません。

私たちは、誰に教えられたかもはやわからないくらいに
「使い古された定番な考え方や常識」が決めた筋書きによっても、
自分という可能性を小さな枠に自ら閉じ込めてしまっています。

私たちが自由な発想(脚本)を新たに得て、
「苦しみや悲しみの度合いを互いに比較することによって幸せを認識する」という習慣や、
「完璧な人間にならないと、自分は他人や親から認めてもらえない」という思い込みから
自由になることは、引き寄せの法則を真にマスターするためにも必要になってくることです。

コメント