被害者意識は自分自身の現実における加害者になる

スピリチュアル

日常にありふれた無意識の投影の恐ろしさ

気の弱い人や、人の気持ちを優先して生きることを強いられてきた人達は
外側の理由(他人の要求や環境)に自分を合わせてしまいがちです。

そういう状態に対し、自分が心から納得して受け入れているのなら
「不本意な現実を生きている」と本人が感じることはありませんが、

そうでない無意識にやってしまっている場合、
「どうして私は、いつもこんなに周囲の人に振り回されているのだろう。」
という状況になっていることが少なくありません。

例えば、そういう意識の強い人は
他人の不注意に巻き込まれて事故に遭うとか
家族が問題を起こすとか
そういった一見自分には直接原因がなさそうな事柄で、
現れてきます。

これは
「自分が原因ではない、誰かのせい」
という無意識の中の本音が、現実世界で誰かのせいになるように
物事の問題を引き起こしているのです。

表面的な解決策を講じても、
何度も人生で繰り返すパターンの後ろには

こういう
「自分の感情や思考に責任はありません。」
と言いたがる、深い部分の本音が隠れています。

この状態を根本から解放するには、
自分の本心に正直になり、認めて表現することが大切です。

嫌々やっていることがあるなら
「本当はやりたくない。」
と声に出すとか、ノートに書き出して認めるという行為が必要です。
抑圧してなかったことにすると、歪んだ形で現実に投影されてしまいます。

コメント