いちサイト運営者のWebあるある話その①

Webの話

前フリ。

こんにちは。
たまにはスピや占い以外の記事も書いていいかな、と思って今日は
めちゃめちゃPC・WEB関連のお話です。

昔取った杵柄、ではないですが
私、実はプログラミング(C言語)出来たりします。基本情報処理の資格もC言語で取りました。
(それなりの時間かけて勉強はしたけど)

中学生から、HTMLをメモ帳にタグ直打ちでホームページも自分で作ってたほど
PC関係のスキルは人並みくらいには有るほうなんです。
ネットが月額時間制限付きのダイヤルアップ接続なんて、今時の子にはわからない感覚だろうな…。

しかし、ここ最近のWEB・PCの仕様は、WordPressでも改悪騒動となっているように
エンドユーザーに仕様が見えなくてわかりにくい、
ブラックボックス化( 内部の動作原理や構造の理解無しに使ってもらうシステムのこと )された
ものが流行しています。

シンプルに言うと、最近出てくるやつはソースコードが見えない、ってことですが。

この、中身が見えないブラックボックス化された機能やサービスっていうのが、中途半端に昔の知識がある人間にとっては使いにくい。

やりたいことをやる機能が、自分で実装出来ない。
(タグ打ち出来ない)

GUIだけで見えてるものの挙動が、よくわからない。
(どういう処理してるのかわからない)

何より困るのが、こういうGUIしかユーザーに見せないシステムって、アプデされた後とか
不具合が起きた時の処理が自分では手のつけようがなくて
一緒に組み込まれたコンテンツもろとも消えてパァになるっていう恐怖があること。

そりゃあ、今のWEBデザインってHTMLタグ打ちだけの頃から比べたら
ずいぶん見栄えも機能も高くはなりましたが
商業化し過ぎて、なんていうんでしょう、こう
遊びの部分が少なくなったよなぁ…と思います。

技術が洗練されていると言えばそうでもあるんですが
お金儲けのためだけに、知的財産・商品として独占したい人達の意図が
チラチラ見えるような気がして、最近のブラックボックス化傾向は好きではありません。

SEO対策で詐欺に遭いかけた話

さぁ、ここからは皆様にも役に立つであろう話をしますね。

特に、「WEBで集客とかSEO対策とかよくわからないけど、しなきゃいけないのかなぁ…?」
っていう状態の人、この記事は読んでおいてください。

WEBやITに直接関りない職業で、集客を外部委託すればいいやと安易に考えがちな
年配で最近のことに疎い事業主や、手軽に集客したいと考える自宅サロン開業の人がとにかく危ないです。

SEO対策とは名ばかりのショボいWEBサイトに年間40万円近いローンを組まされそうになってた怖い話。


私がその詐欺に遭いかけたのは、多分今から2年前くらいの話。

図書館で本を探していると、見知らぬ番号から電話がかかってきました。

出てみると、
「SEO対策が必要そうな事業者を、ネットから探して電話をかけています。
あなた、○○さんですよね?
占いのコンテンツ販売サイト(以前はBASEを使ってました)持ってますよね?」

といった感じの内容で男性が話をしてきました。


ただの押し売りなら、いつものように即座に丁寧に断って電話を切るのですが

私はその頃ちょうど、信頼していた占いの師匠にあっけなく切り捨てられたり

超が付く大ウソつきの元彼にお金をふんだくられる分だけふんだくられて

他に女作って捨てられた時のショックからまだ立ち直れてなかったりして

もしかして
こんなかわいそう(自分比)な自分に何か特別な幸運でもやってきたのでは?

詐欺業者の甘言にそそのかされるのに丁度いい心のスキマが出来ていました。

業者「今、特別に弊社のSEO対策サービスのモニターになっていただける方を探していまして。
ちなみに、ウチは○○○という会社なんですが…」


この会社、わかる人はすぐわかるくらい、けっこう有名な会社でした。

テレビの宣伝でも名前を聞くぐらいの会社なので、まさかそんなところが
堂々と詐欺商品の営業電話かけてくるなんて、なかなか思いませんよね。

ちなみに、SEO対策 詐欺 と検索するとすぐ出ます。
皆さん、けっこう被害に遭われてるんですね…。


とにかくこの営業担当者、口が上手かった。

営業なんだから、それが仕事なんでしょうけど
クソな商品も良いような錯覚を抱かせるそのトーク術には若干、
ウソが上手くて人をその気にさせるのが得意だった元彼を彷彿させるところがありました。

でも、心が弱ってたからその時は
「うん、うん」て聞いちゃってた。
悔しい。

営業はトークを聞いてもらって買ってもらう仕事。
相手のトークのペースに乗せられたらもうダメです。

その後も営業マンは私が買う意思を見せるまで、

あなただけ
今だけ
期間限定
特別に

という耳に甘い言葉と

「ほら、あなたのサイトアクセス率見てください!

(業者独自のSEOシステムが出した分析結果をメールで送ってきて見せる)

全然、お客さん来てないでしょ?
こんな状態じゃ、もうずっとお客さん来ませんよ、ヤバイですよ!」

と、こちらの心を不安にさせる言葉を織り交ぜて、巧妙に気を惹こうとしてきました。

結局、寸前のところでなんやかんやあり、購入はかろうじて無しになったのですが
今思い出してもゾッとする経験でした。

何に一番ゾッとしたかって、正気の時に判断すれば
「こんな商品、絶対に買わねぇ!」
秒で判断できるクソ商品を数十万で購入しそうになっていたあの錯乱状態です。

上手い話に用心しろ
弱り目に祟り目
とはよく言ったものです。

※ちなみに、厳密に言うとこの業者の売っていた商品は
完全な詐欺とは言えないのですが、(本当にギリギリだったけどクーリングオフ出来たし)
商品説明の仕方のやり口はどう考えても詐欺まがいだったので
詐欺だった、という表現にさせてもらいました。

サイト持ってる人は安易に業者の言うことは鵜呑みにせず、ちょっとは自分で勉強しよう

最近はWeb業界も、エンドユーザーが無知になりやすい部分に目を付けて
巧妙に商品を売りつけてきます。

しかもそれが
知名度のない小規模業者ではなく、大手企業の名前がついたとこも
あってけっこうヤバい。

知らなかった方は、今日これを覚えて帰ってください。

それにしても、自分だけは騙されない、って思ってる人ほど騙されやすいに
危うくなるとこでした。

「SEOとかようわからんから、ワシャそんなもんいらん!」
くらいだったら、逆に騙されにくかっただろうに。
(それはそれで問題か?)

コメント