どうしたら許せるか?手放せるか?

silhouette photo of treesスピリチュアル
Photo by Dương Nhân on Pexels.com

全ての物事は、撚り合わされた一本の糸

先日の9月2日
魚座での満月で受け取ったメッセージをシェアします。


今回のテーマは魚座の海王星的エネルギー。

目に見えない部分での繋がり、犠牲、優しさ。

そういうものが私達の日常で意識させられるタイミングとなっていました。

そして、もうすぐやってくる転換期(風の時代と言われている)に向けて、
より一層の執着や思い込みの手放しが促されていくエネルギーを感じました。


今回の魚座の与えてくれたメッセージのテーマは“手放し”

しかし、この手放しというテーマ
いつもどこでも言われているスピリチュアルにあるあるの言葉なのですが(^^;)


「それが上手いこと出来ないから困ってる」
と頭悩ませるのが私達、なんですよね(笑)


ふと、じゃあそれを「高次元に聞いてみよう!」
と思い立ち、自動筆記でメッセージをもらいました。

ちなみに、満月や新月のタイミングでチャネリングをすると
とっても繋がりやすいのでおススメです。

そして、紙にあらわれた文字の答えは…



「線を維持するのを止める」

という言葉。


線とは、糸(意図)のこと。

糸とは、この現象を作っている様々な信念とそれにくっついてくる感情や思考のこと。

さらに、このようなメッセージがやってきました。




その糸をほどきなさい。

その糸の上で行ったり来たりすること(許さないとか、見返してやるとか思うこと)
をやめなさい。

線がそもそも始まった原因を手放さない限り、結局同じ現象の上にいる。
だから、線から離れなさい。

あなたの学びは、線の始まりを理解することだったかもしれない。
それとも、線の途中にある出来事から自分の変容を起こすことだったのかもしれない。

線とは、全ての因果だ。
良い事も悪い事も、
一本一本が単純なものが織合わさって出来たものが日常だ。

糸をほどきなさい。
その作業は、あなたしか出来ない。
だけど、あなたの意識さえあれば出来る。


許し、手放しをしようとしても

「許せない」と思っている相手に
得をさせたり、勝ちを譲ってしまうような
そんな気がして、それは出来ない・したくないと思ってしまうのが
普通の人間心理です。

しかし、苦々しい思いを起こさせる関係上で繋がっている縁(線)は
そこから離れるという決心をしないと変わらないのです。

人生で起こっている物事を明晰に見る目は、視点は、
社会に出来上がっている「常識」という信念の中にいると
見えにくいものです。



今回の魚座の海王星のエネルギーは、固まってほどけない因果の意図を
まるで水の中でほぐすように、バラバラにして見せてくれる。
そんなイメージのエネルギーだったように感じました。

コメント