水星で今の時代を生き抜く才能を読む

もう、その他大勢でいたくない人は、ホロスコープを読もう。

 

こんにちは。

 

終身雇用

学歴至上

結婚・マイホーム・マイカー所持

こんな今までの

いつの昭和だ世間の常識はもう古い

そんな時代の空気が広がりつつある最近

 

今のあなたは、

自分らしく生きられてますか?

 

「将来はこういう仕事に就けば安泰よ!」

なんていうテンプレで

学校に行ったり、友達と休みにウェイウェイしてるだけじゃ

この先は駄目だって気付いている若者が

今の時代はとても多い、ように感じます。

はじめから、大人の言うことなんて信用していないんですね。

(早く気付けた今の世代が羨ましい・・・)

 

 

何を伝えたいかって言いますと

 

経済成長が止まってバブルもとっくにハジけた今

なんか、一つ前の世代やマスコミの言うことは全部時代遅れで先は見えない

ただただ、カネ・モノ・生活の為だけに働くことに何の意味があるのか?

 

同じ時間働くなら、

自分の魂(気持ち・心)が喜ぶ生き方や職業を選んで、

ただの苦行な時間を楽しい時間に変えてみない?

自分の将来の夢に繋がる仕事を選んでみない?

 

でも、どういったことが自分らしいのかイマイチわかっていない。

長年、親や世間の言うことを信じてきたから、

誰かに相談しようにも、今更感があって笑われそうで怖い。

 

 

こういうことを思ったとき、

ホロスコープの出番です。

ってことなんです。

 

ヨグ
ヨグ

金星の楽しみ、月の安全欲求を

誰かに保証してもらったり、作られたものを消費するだけじゃなくて

自分たちで作って交換していこうよー、っていう今からの時代に

自分は何が出来て、得意なのか知るのは大事だね。

 

その人らしい生き方と言えば、太陽か月って言われてるけど…

 

太陽は、才能といえば才能なんですが

どっちかというと

ホロスコープの天体全体のリーダー

みたいな感じで

家で例えると

「家訓」みたいなものなんですよね。

 

牡牛座なら

「地道な歩みと信頼を大事に、感性は嘘をつかない」

双子座なら

「人脈・情報が我が身を助ける、軽やかな会話」

みたいな、何を一番にして物事を考えるか?

というお題みたいなものです。

 

 

対して月は、生まれ育った土地の条件みたいなものです。

 

またまた、家で例えるならば

所有の畑が石灰質で、ブドウが良く育つならば

ワインを作ることを生業にしていた家庭環境、みたいに

 

「物心ついたころから当たり前で意識してこなかった

慣れ親しんだ生き方」

みたいなものが、ホロスコープ上の月で表現されます。

 

 

また

太陽と月は、子供にとっては

父と母、として投影されることが多くなります。

 

太陽=こうでありたい、というイメージ

月=養育者・育った環境、というイメージですね。

 

本来なら、この太陽と月だけ見て

親の世代からの生き方を踏襲できれば

そんなに悩むことはないのですが

 

現代は生き方も多様化してきているので

太陽も、月も

親に投影したままにせず、自分のものとして生きていく

そういう読み方が必要なのではないかと思います。

 

 

水星は、親から離れはじめた時から開発される知性

 

そこで、では何をホロスコープ上で読めばいいか?

ということですが

水星に注目します。

 

水星は、自分の気持ちや考えを周囲に伝えたり、物事を理解する能力を表します。

動き・速さにも関連します。

 

例えば、双子座の水星は

自分の周りにいる人達や環境から情報を仕入れたり

そこから知識を得て広めることが得意です。

 

ということは、太陽サインが牡牛座で月サインが魚座でも、

水星が双子座にある人だと

マイペースで内向的な生き方が得意とは限りません。

牡牛座の五感と魚座の優しさを活かしつつ、

軽快なトークで食事に来たお客様を喜ばせるレストランの経営者になるかもしれません。

 

 

もし、同じ太陽サイン牡牛座で月サイン魚座でも

水星のサインが牡牛座なら、軽快なトークは苦手で繊細で

自分の気持ちが納得しないことはどうしてもうまく表現できないから

味は美味しくても、なかなか人が見つけられないような田舎に

「知る人ぞ知るツウが通う食事処」を開いている店主のほうになっているかもしれません。

 

 

牡牛座で、五感が優れているなら

食品関係やファッション関係が向いているのでは?

と簡単な星占いならそこで終わってしまいますが

 

太陽・月・水星と3種類の情報になった途端、

そんな単純な話でもないことがなんとなくでも分かっていただけるかと思います。

 

水星は、地球におけるサバイバル能力です。

水星が魚座や射手座に入室していて、品位が傷ついていたとしても

そのサインならではの水星の良さというのを伸ばしていくほかありません。

 

自分の才能を伸ばしたい場合、

同じサインの水星を持っていて活躍している人を参考にすると

伸ばし方が分かりやすいと思います。

逆に、自分の欠点を見つけたければ対向サインの水星を持っている人の

観察をするとよくわかります。

 

 

☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

ヨグ
ヨグ

読んでいただいた後にポチっと押していただけると、必ず良いことありますゾ☆

 

コメント