蠍座の目から見たゲーム・刀剣乱舞の織田組

占星術
遅ればせながら、舞台刀剣乱舞を鑑賞しましたよ!フーウ!

 

控えめに言って、皆に振り回されるまんばちゃん最高でした。

 

・・・ああ、すみません。

えっと、実は私、刀剣乱舞というスマホゲームをやってまして

今回は、その刀剣乱舞の舞台(燃ゆる本能寺)DVDを鑑賞し終わった後で

気持ちが大変ホカホカしております!!

尊い…。

 

えー、そこで劇中の

 

私の本丸永久指定近侍、へし切長谷部とその同境遇の仲間たち(織田信長に由縁のあるキャラクター)について、

「うーん。舞台の長谷部たちの織田信長に対する執着や葛藤って、蠍座的に何か感じるものがあるのよねぇ…」

という感じがありまして

今日は刀剣乱舞のへし切長谷部というキャラクターを通じて、蠍座的な生き様やその心の内みたいなものを、ちょこっと書いてみようかと思います。

 

 

へし切長谷部が蠍座のように見えてしまう理由

 

えーと、まず

刀剣乱舞というゲームやそのキャラクター(刀)達を知らない方達にもなんとなくわかるような

情報を説明しようとすると、

 

へし切長谷部とは、織田信長が「茶坊主が隠れた棚ごと圧し切れるほどよく切れるから、へし切長谷部」と命名して所有していた刀だったのですが、

ひょんなことから直臣ではない人物(黒田)に下げ渡されることとなります。

 

 

へし切長谷部は、他の織田の刀

・宗三左文字

・不動行光

・薬研藤四郎

の三人(三振)とは違う境遇の人(刀?)生を送ってきたことを、とても気にしています。

 

織田信長が本能寺の変で自害するまでの間に、黒田家の刀として「下げ渡された」、簡単にいうと「名前まで付けて可愛がっておきながら、自分だけ余所のおうちの子にされてしまった」

ことをとても根に持っているということです。

 

特に、織田信長の小姓である森蘭丸が賜ったとされる不動行光とは再会時から特に仲が悪い。

 

不動行光は「自分がとても織田信長に愛され大切にされていたのに、最後は織田信長を守れなかった」ことをことあるごとに

「自分は愛してもらえなかったから黒田に下げ渡されたんだ」と思っている長谷部に言うもんだから

お互いが修行(キャラクターが強くなって若干性格も変わるシステムのことです)に旅立ち過去を清算してくるまで、この二振りはずっと言い争っています。(笑)

 

長谷部は、「自分を手放した織田信長なんて」と口では言いますが、本心では「どうして自分は手放されてしまったのだろう」とずっと気にしていたのです。

 

この、愛しさ余って憎さ百倍なところが本当に蠍座チックですよね。

 

 

何で織田信長にこだわっていたのか

 

ゲームの刀剣乱舞のへし切長谷部のキャラデザ(性格とかの設定)をした人の実際の解釈とは

また違うのかも知れませんが

 

多分、おそらくですが

へし切長谷部はゲーム中のセリフで

「命名までしておきながら、直臣でもないやつに下げ渡す」

と言っているように、「自分を見初めた相手の色に染まりたいオトメン(刀)

な性格なのだろうと思います。

 

嬉しかったんでしょうねぇ

「こいつ、よく切れるな!」って言われて褒められて、名前を付けてもらって一時大事にされて

 

でも、ある日急に

「もう家では飼えなくなったから、今日からお前はあの家の子になるんだよ」

 

と、まるで

雨の日に段ボールから拾われて、主人に愛着を持って懐いていたのに、

急に一緒に暮らせなくなってショックが半端ない子犬!!みたいな心境。

それが刀剣乱舞のへし切長谷部。

 

ここで、「もらわれていった先で大事にされてたんなら、別にいいじゃない」

と思えるそこのあなたは、蠍座のステータス値が足りていません。

 

また、「自分は自分。どんな主のところであっても、よく切れる刀という自負があるならそこまで落ち込まなくても」

と思えたあなたも、やはり蠍座のステータス値がまだ足りないようですね。

 

蠍座はね、誰でもいいわけじゃないんですよ。

そして、自分だけで自分の価値を決めることも出来ないのです。

 

自分が「この人なら!」と思えた相手(対象)から価値を受け取ることで

初めて、蠍座は満足する。

誰にでも尽くせるわけではないのです。

 

まぁ、へし切長谷部に関して言えば

織田信長っていうすごい人の刀だったのに、黒田とかいうワケ分からん奴に下げ渡されちゃって、もしかして自分って価値のない刀だと思われちゃったのかな…」

という黒田さん側にしてみれば相当失礼なことでショックを受けてたってことになります。

これはへし切長谷部のプライドが高いのだから、仕方がないですね。

 

後に、修行へ旅立った長谷部が「織田信長が自分を黒田に下げ渡した本当の理由」を知って

とてもスッキリした感じになって帰ってくるのですが

やっぱり、そこでも「自分はちゃんと誰かにとって価値があった」と思える理由を納得して帰ってきます。

 

自分が誰かにとって確かな価値があり、その自分に価値を感じている相手に対して自分も思い入れや尊敬の念があること

これが蠍座チックなキャラクターであるへし切長谷部なのです。

 

と、同時に

蠍座のステータス値が高い方々(私含む)は、どこかしら・何かしらに長谷部と共鳴するものがあるはずなのです。

 

そして、この蠍座チックな

「あなたは私、私はあなた。死なばもろとも、一蓮托生。」

な空気は、へし切長谷部のみならず、同じ織田組の刀にも共通するテーマなのです。

 

・・・うん、多分!!

私は舞台・刀剣乱舞を観て、そう思いました!マル!!

 

 

オマケ:(需要がないかもしれない)蠍座の落とし方

 

蠍座は、好きになるまでが大変ですが

一度好きになってしまうとなかなか熱が冷めません。

 

蠍座のターゲッティング(執着)は

相手にこだわっているようで、その実、自分の中の理想を他人に投影しているようなものですから

 

相手がいくら

「いや、違うって。お前には俺がそう見えるんだろうけど、実はそうでもない」

と言っていたところで

「いいえ!あなたはきっとご自分で気付いていないだけで素晴らしいのです!だって、私がそう思っているのだから!(だから失望させることは許さない)

てなっちゃうような

お前それもうヤンデレだろ

という側面が蠍座には普通にある時があります。

 

 

よし、ではそこを利用しよう。

 

というのが、蠍座に片思いしている人向けの落とし方です。

 

 

情報収集に自信のある方は、狙っている蠍座の好みをリサーチしてください。

そしてリサーチした情報をもとに、なるべく相手の理想に寄せていってください。

ただし、中途半端・見掛け倒しは許されません。

 

 

はい、そこの双子座。早々にサジを投げない。

 

そこの射手座も、即座に興味関心を失くさない。

 

あのー、水瓶座の方、感性が違い過ぎて受け入れられないからと心の中で蠍座に塩を撒こうとするのはいくらなんでも傷つくからやめましょう。

 

獅子座…は、おや、どこか自信満々ですね。

でも、あなたが相手によっぽど惚れているのではない限り、蠍座に格好をつけるのはやめておいたほうが…後々ハードルが高くなった時がしんどいから、なるべく自然体で…(って言っても夢中な時の獅子座は聞かないか)

 

牡牛座・乙女座・山羊座はなんだかんだマイペースで、他の星座と比べると自然体で蠍座に近づけるので、そんなに心配はいらないかな?

蠍座の奉仕精神を職場や家庭での役割として、実際的な評価を土星座の人達がしてあげると喜びます。

 

牡羊座も、初めから相手の好みとか考えて動かないからいい意味で安心ですね。出たとこ勝負なので、勝率はわかりませんが、裏表のなさそうなところに蠍座は安心すると思いますよ。

 

天秤座は、蠍座に上手く合わせ過ぎて疲れてしまわないように気を付けましょう。

天秤座が蠍座を夢中にさせるのは難しくはないと思いますが、その後の深い関係に進んだ時天秤座のほうが先に音を上げないでいられるかどうかです。

 

魚座と蟹座は同じ水星座だから相性がはじめからいいように見えますが、案外そうでもないです。

 

魚座は広く果てしない愛情・柔軟さが、蠍座の深く狭い愛情の形に波風を立てないとも言い切れませんし、蠍座の激しさに魚座が耐えられるかも心配です。

 

蟹座は蟹座で、敵か味方かの判断がハッキリしているので考え方や好みが合わなければお互いに興味すら持てない相手となってしまうことすらあります。

 

 

って、あらら。

なんだか途中から蠍座目線の各星座への感想みたいになってしまいましたね。

 

ヨグ
ヨグ

あとは、太陽星座以外の部分と合わせて読んでいく必要があるけど

恋愛で関係しやすいのはやっぱり金星と月の星座(サイン)だね。

金星は楽しみを感じるための部分なので、ここを否定されると鬱っぽくなるし

月は生きる為に一番大事にしているところだから、ここも否定されると鬱っぽいどころか「存在自体の否定」をされたように感じやすいね。

 

ホロスコープは目に見えない人の生まれ持った心の違い・特徴を教えてくれるツールだから、上手に使って自分とも他人とも付き合っていきたいよね。

コメント