蠍座と8ハウステーマ

占星術

蠍座サインは、セックスや遺産に関わるといわれ、そのテーマを表す8ハウスのナチュラルハウスでもあります。
ルーラーは冥王星。
暗くて、重くて、息苦しい。
そんなふうに言われる蠍座・8ハウスですが、なぜそうなるのか、ちょっと考えてみましょう。

蠍座の能力

蠍座は、直前のサインである天秤座から見て二番目のサインです。
天秤座が1ハウスと考えると、蠍座は2ハウスですね。

蠍座は、天秤座の社交体験で手に入れたものを扱います。
他者と共有した時間の中で交わした約束や、相手に捧げたもの・あるいは捧げたもの。
お互いに見せ合った心のうちや肌の触れ合いなどが、この秘密の箱のような蠍座の場所にしまわれていきます。

蠍座の作用は融合作用ですが、この融合は異なる存在を一緒に溶かして、違うものに生まれ変わらせる錬金術的な作用になります。
よく、蠍座はストーカー気質であるとか、粘着質であるとか言われてしまうことがあるのですが、それは単に蠍座の持つ集中力が非生産な方向に発揮された場合に起きていることなのです。

他者と自分との交流・情報や資質の共有の結果生み出される成果物は、契約や約束事に同意のうえで扱える共有財産となります。

昔からの日本の考え方で、女性は結婚して嫁入りすると、夫側の家族となるのも蠍座のイメージですね。
結婚を機に違う家の人間になる…みたいな。

 

蠍座は、一見して孤独のように見えても、必ず他者と何らかの影響を受け取り・与えあっていることもキーワードの一つです。

8ハウスの霊感と蠍座

同じ霊感でも、蟹座の先祖霊的な繋がりや魚座の海王星的な霊感と違うのは、蠍座が
「双方に強い繋がりがある、過去または現在に何らかの契約や約束事が発生している」という部分がキーワードになります。悪魔召喚の儀式に近いのは、この蠍座領域の霊感です。なので、どのサインよりも蠍座はオカルトっぽいと言われるのです。
蟹座は子に当たる霊が親側の霊を慕い、それに応える形の霊感。神社仏閣系です。
魚座は、双方がどういう関係であろうが繋がる時にはポンと繋がってしまう霊感です。

 

蠍座でよく言われるあの事について…

蠍座サインに関わっている人が、他人から言われてあまり嬉しくない印象ランキング上位であろう、セクシーな話題についても触れていきましょう。

蠍座がセックスに関係していると言われるのは、肉体的に見て、性行為が他者の中に生きながらにして侵入できる唯一の手段だからです。
(他者と一体化する蠍座の本質から見れば、別にこれ以外の方法でやるならこれじゃなくてもいい。それに準する行為であればセックスでなくても良い(むしろそっからが蠍座の真骨頂だと思ってください。というか肉体的に一体化するだけの行為が蠍座とは片腹痛い)のだよ!分かりましたか、蠍座にエロな印象を求める諸君!!)

他人の内臓に侵入する行為なんて、普通の人体なら性的行為でしかできないでしょう。人が物理的に一体化するには、(倫理的に)性行為が限界です。
そして執着や執念のあまり一線を越えてしまうと、それは悪魔や黒魔術的になっていきます。

なので、他者の中に深く入り込むという蠍座のキーワードを純粋に使うなら、セックスは必須ではありません。たまたま、その方法が手っ取り早いというだけです。

ただし、そういうことから、セックスは思っているより私たちの身体と意識に影響を与える行為であるということも理解しておいたほうがいいかもしれません。
というか、自分も他人も大事に思いたいなら、ちょっとくらい理解しておいたほうがいいです。
自分と他人のオーラが混ざるのですから、ヤる前とヤッた後では、明らかに互いの間に流れる空気感に違う影響が出ます。
夜明けのコーヒー一緒に飲む二人の間に流れる空気、アレですよ。

 

蠍座の支配関係・執着対策

天秤座では存在していた他者と自分とを隔てる壁を壊して、混ざり一体化するのが蠍座ですから、力関係のアンバランスなどにより、均等に混ざれない場合、どちらかがどちらかを支配してしまう、ということにも意識を払っていたほうがいいでしょう。

占いの本ではよく、蠍座的な8ハウスの恩恵を受けるには相手の言うことを聞かなければならない、という定説みたいなものがあります。ですが、8ハウスがこんな状態になっちゃうときっていうのは、キャパシティオーバーなものと融合している可能性が高いです。相手が強すぎて自分側の力が弱い場合、相手との融合による恩恵を受けるために甘んじるわけですね。(必ず自分が支配される側になるわけではないことを覚えておいてください。)

蠍座の融合には破壊の後、再生するという流れがあります。
お互いが深く交わったら、そこから新しい別の何かが生み出されるのです。
もし、その生み出されるものに対して同意が出来なければ、決別するか、未練で執着してしまうかになります。

なので蠍座は何といっても、相手との距離感・自分の度量・引き際を心得ることが肝心です。他者に依存し過ぎないこと・度を越した関心を持ち過ぎないこと、それを知るためには何度か手痛い経験をしてしまうこと、を知っておいたほうがいいでしょう。

コメント