t射手座木星とt魚座太陽・海王星・水星スクエア

占星術

昨日、私の住んでいる関西地方で一瞬だけ大きな地震がありました。

普段はビックリするくらい音のデカいスマホの緊急速報もなく、
テレビのニュースでもそこまで緊急性のない感じでしたが。

最近の海王星・太陽・水星魚座と射手座の木星スクエアっぽい、起こってること全体が曖昧な感じでしたね。

今日の双子座の月は、明け方頃から魚座・射手座とでトランジットでTスクエアを形成しつつ
進行しています。
オーブはちょっと広いですが、月は速いのでピッタリアスペクトする前に、エネルギーの影響が
早めに地上に持ち込まれる感じがします。

トランジットのTスクエアの時って、自然災害と関係するんじゃないかっていう
研究対象として色んな占星術家の報告が上がっているのですが
個人的には、トランジットは直接的な物質的影響というよりも、
人の意識に与える影響を強く感じています。
(物質的な変化が起きて人々に影響を与えるという意味では、
物質的現象か心理的影響、宇宙のエネルギーの意図はどっちが先なのかってことになりますが…)

現在は魚座の海王星のエネルギーがとても強く、それを射手座の木星がさらに拡大させ、
そしてその影響を双子座の月が受けているのが現在の状態です。

海王星は、現実世界では私たち人間の意識よりも霊界に強い部分に投影され
海とか地中とか、目に見えにくい世界のモノにそのエネルギーが宿っているのでしょう。
時間感覚が吹っ飛びますので、「今日何曜日?」とかそういう時差ボケがひどくなるのも
海王星っぽい。
必要とあらば、どんな時間軸からもお取り寄せするのが魚座海王星です。

射手座の木星は、宗教や学問など精神性の高揚を起こさせるものに投影されます。
水瓶座の天王星の改革よりも、穏やかで社会の枠の範囲内に収まるのが木星です。
可能性を拡げる、精神的探究というキーワードにかかるものは射手座です。
「善いもの、道徳的なもの」も示します。

目に見えない世界の海王星と、精神的高揚感の木星がスクエアでつながると、
果てしない夢や理想が広がっていきます。
何でもかんでも
「ええやないの」と収集がつかなくなる感じ。

木星だからそれに危機感を感じないし、海王星は現実の制限を構い無しに
どんどん自由になっていきます。
歯止めが利かない、困った酒飲みのオジサンみたいなものですね(^^;)

月は私たちの肉体や感情に作用するものですから、そういった
良い感じに酔っぱらった酒飲みオジサンの気楽さ(不注意さ?)が
私たちの私生活にも流れてくるわけです。

双子座の月だから、会話がおかしくなるとか、話が噛み合わないとか、
いつもなら簡単な事務手続きが、なぜか難しく感じるとか。
でも、大らかな雰囲気だから間違えても気にしないというか、そんなに反省もしないというか…。

双子座のルーラーの水星も、魚座で逆行しています。
魚座の海から過去のことも一緒に流れてきて、
それを処理するのにますます混乱する双子座、という感じに。

こんなふうに、色々と現実生活がボンヤリしてちょっと大変な代わりに
良いこともあります。

現実の枠がユルユルになってるということは、
固定観念のフタが頭から外れやすい時期ってことでもあります。

潜在意識にアクセスするには、これほど適した時期もない。
だって、どーせ現実ではユルユルな魚座&射手座エネルギーにかき乱されてしまうのですから、
波に逆らって岸に行こうと無駄な体力を使わずに、ゆったり浮かんでいたほうが良いのです。

嫌でも、しっかり現実という大地であくせくしなくてはならないエネルギーの配置は
そのうち巡ってくるのですからね。

とはいえ、ユルユルしがちになっているという自覚は忘れずに…
自宅から一歩外に出れば、身の回りの気を付けなくてはならないこと(双子座的感覚)
は大事ですからね。

天体のスクエアやオポジションが注意しなくてはならないアスペクトとして解釈されるのは、
普段なら注意できることや邪魔が入らないことに対して、アクシデントが起きる確率が
高いからなのでしょう。
不測の事態に注意、みたいな。

しんどい、ちょっと大変な目に遭う代わりに、応用力や対応力も身につくので
トランジットのスクエアやオポジションのアスペクトも積極的に活用したいですね。

コメント