インナーチャイルドを癒して不幸な恋愛の繰り返しから卒業しよう

心理学

「なぜその相手でないといけないのか」ちゃんと意識できている?

シクシク…。

私は人々の幸せを見守る天使の一人…

おや、あそこで女性が泣いていますね。

そこの君、どうしたのかな?

今度こそ、幸せな恋愛ができると思ったのに、好きな人がすでに既婚者だったの…
また不倫とか略奪愛になっちゃうのかしら。

“また”ってことは、以前にもそういう恋愛をしてきたってことなの?

ええ…。
もしかして、「そんな恋愛は駄目!」なんていうお説教をする気?
でも、相手だって合意の上でのしか不倫関係してこなかったし
むしろ私が毎回尽くして、相手は結局離婚しなかったとかそんなのばっかりよ!

ああ、そうじゃないよ。大丈夫。
ただ、私は君の話を聞いていて
「自分自身は辛くないのかな」そう思っただけなんだよ。

そ、、、

そんなこと言われたって、好きになってしまったらどうしようもないじゃない!!
あなたは人をこんなふうに好きになったこともないからそんな上から目線で哀れんだりできるのよ!
キィ~~~~~~!!

ま、待って!
私に物を投げないで!

そういうことでもなくって、私はただもっと単純に君が幸せを感じられたらなって思って、君の話を聞こうとしているだけなんだよ~!

私の普段の努力とか感謝が足りないって、どーせそういうこと言う気なんでしょう!?
隙あらばお説教捻じ込んでくる系のヒーラーや占い師の「守護霊やハイヤーセルフみたいな何か」の小言なんか、絶対聞いてやるもんか~~~!!

だ、だからそうじゃないんだってば!

ね、ねぇ。
君は、どうして「すでに相手がいる人や堂々と愛し合うことの許されない人」にばかり惹かれるのか、考えたことはある?

インナーチャイルドが傷ついているほど本当の理由を避けたくなる

えっ…。
そんなの、誰かを好きになるのにいちいち理由なんか考えないわよ。
恋は落ちるものなんだから。

本当にそう言い切れる?

そうやって辛い思いを何度も繰り返していると、さすがにちょっとは考えることがあるんじゃないのかな?
「どうして同じような人にばかり惹かれてしまうんだろう」って。

か、考えたからってどうなるっていうのよ!

キレイにお化粧してダイエットして真面目に仕事して毎日頑張ってたら、普通は人生も恋愛もうまく行くはずなのよ!
何でいつも報われないのかなんて、考えたくもない!
私は悪くないもの、悪くない!!

…ウウ、自分で言ってて悲しくなってきた…。

うん、実際君は何も悪くないと思うよ。
だって、今の君がそんな状態になるまで頑張ってしまっている原因は、おそらく君のインナーチャイルドが傷ついているせいだからね。

はい?
インナーチャイルド??

よくスピリチュアルや心理学で言われている、
子供時代の自分のトラウマや思い込みってやつがどうして今の私と関係あるの?

君の子供時代が無ければ、今の君という人格は存在していない。
それは分かるかな?

君が見てきたこと、感じてきたことが、今の君の個性を作っているんだよ。

つまり?

例えばの話だけど

君がまだ幼い時に、両親との間で起きていた愛情問題で、
何か子供心に傷ついたりトラウマになった出来事があったとする。

そうすると君は、「自分が大人になったら今度こそは失敗しない、両親との出来事のようには二度と傷つかないようになる」と心に誓ってしまうんだ。

子供、インナーチャイルドが抱えている傷や問題というのは、
たいていが“無力感”で、「出来なかったことを出来るようになる」ことに執着してしまう。
それは、子供には親に認められたいという欲求があるからなんだ。

ええと、もっと具体的に言うと??

細かい理由なんかは人それぞれなんだけどね、
そうだな、これも例えばだけど

子供の頃の君は、お母さんがいつもお父さんに不満をぶつけている光景を見ていたとしよう。
やれお給料が少ないだの、やれ家族サービスがなってないだの、
良い暮らしができないのはアンタのせいよ、だの…
聞くに堪えない、悲しい言葉や態度がお父さんに浴びせられているような家庭の中で君は育っていた。

君は、そんな光景の中で何を感じ、どう思うかな?

えっと…もし私がその時の子供なら
多分、「お父さんは私が幸せにしなくちゃ」って思うかもしれない。

それで、そんなお母さんなんか、どっか行っちゃえ!
私とお父さんだけいればいい、って思う、かな…。

そう思うかもしれないね。

でも、たいてい子供の頃の願いって大人になるにつれて忘れたり、別の目標に切り替えたりするよね。

けど、ちゃんと心の奥の方にはその時の感情と願いが残っているんだ。
それが、何度も繰り返してしまう得体のしれない悩みの正体なんだ。

えっ。
じゃあまさか…これって

「嫌な母親から可哀そうな父親だけを救おうとしている子供の頃の自分」が、今の私の報われない恋愛と関係しているってこと?

そうとも言えるかもしれないね。

大事なのは
無意識の中に抑圧されていたインナーチャイルドの事情を理解したとき、腑に落ちる感覚を持つことなんだ。

事情を知っても納得できなければ、無理に今の悩みの答えにする必要もないんだよ。

そっか。
でも、私はこれはちゃんと、腑に落ちた感じがする。

確かに、私は今まで「なんだか満たされて無さそうな相手」ばかりに目を向けていたような気がするもの。

でも、私はいつも父親の為に頑張りたい子供のままで「可哀そうなお父さんのお嫁さん」にはなれないから、最後にはいつも相手の元から卒業するしかなかったのね…。

私、本当は自分がどんなふうに幸せになりたいのか、ちょっと自分のことを見つめ直してくる。

さようなら、通りすがりの天使さん。

おや、彼女ったら切り替えが早いなぁ。
もう行ってしまったのか。

何はともあれ、彼女が自分でも気づいていない悩みについてキッカケを与えられて良かったよ。

インナーチャイルドを癒す方法は?

今回はたまたま、通りすがりの変な天使が私のインナーチャイルドのことを思い出させてくれたけど、普段はこういう時どうすればいいのかしら。

決して変な天使ではないんだけど…。

そうだね、自分で催眠(瞑想)誘導の音源を使うという方法もあるし、
ヒプノセラピストに誘導してもらう方法もあるよ。

二つの違いは簡単にいうと

・自分でインナーチャイルド催眠に入ることの良い点は、自分の内面を他人に知られずに、いつでもどこでも行えること

・セラピストに誘導してもらうことの良い点は、催眠に集中しやすく悩みに対してより有効な質問や誘導を行えること

こんな感じだね。

インナーチャイルドの問題は、とてもデリケート。

セラピストにヒプノセラピーを申し込む場合は、だいたい初回のお試しがあるので「自分とフィーリングが合う感じがするか」
「違和感や不安がないか」を確認してからお願いしたほうが良いかも。

ヒプノセラピストに限らず、人と人には合う・合わないの相性ってどうしてもあるからね。

ちなみに、コトノハノモリのヒプノセラピストは
・アサーティブネスコーチング(健全な境界線を保って相手とコミュニケーションと信頼関係を築く方法)
も学んでいるので、
「こんなこと話したら引かれるかな」
「どう思われるか気になる」と不安な方にこそ安心して相談しにきてほしい、
そうですよ。

最後のほうは宣伝やないかい!

コメント