パワーストーンの選び方

パワーストーン

パワーストーンの効果を実感しているからこそ、長年パワーストーンブレスレットやアクセサリーを作成したり購入したりしていますが、実はあんまり専門的な知識を持たないほうがかえって良いんじゃないだろうか…と感じている分野でもあります。

もちろん、ひとそれぞれの”正しい”があると思うので、この記事も参考程度にお楽しみください。

元パワーストーンショップ店員だけど、石の意味はぶっちゃけ意味ないと思ってた

私はもともとパワーストーン好きが高じて、過去に数年間パワーストーンショップで働いていました。

なので、それなりにパワーストーンには詳しい、と自負しています。

他のことなら全然覚えないのに、パワーストーンのことだけは一発で覚えられる、というあまり披露する機会のない特技も持っていたりします。

私もまだパワーストーンに興味を持ち始めた頃は石言葉や意味辞典を見て選んでいました。
恋愛ならこの石、健康ならこの石、とだいたいの意味は、色で決まっています。

けど、実際にその目的に合った石を選べば効果がちゃんと実感できるのか?といえば、それはちょっと違うかな、という感覚が長年ありました。

正確には、石が効果の通りに働いていないわけではなくて、選ぶ側の人に本当に必要な石を選べていない、という感覚です。

資格を持ったクリスタルヒーラーは知識に偏り過ぎて逆に合わない石を勧めてくることもある

例えば、ハートチャクラが傷ついている人によく勧められるのが第4チャクラに対応するローズクォーツなのですが、そのようなチャクラの状態の人はそもそもローズクォーツに良い印象を持てないために、違和感を感じます。

知識を重視するタイプのクリスタルヒーラーはそのようなクライアントの抵抗感・違和感に対して「持つことで良くなるんだから我慢しなさい」みたいなことを言いがちなんですが、やっぱり、自分にとって持っていてしんどく感じる石って身につけられなくなってしまうので、結果的に効果を得られなくなるんですね。

私も職業柄、どのパワーストーンがいいか分からない方にはアドバイスとしては伝えますが、無理強いはしません。
持ちたくない石を買わされて、せっかく買ったんだからと嫌々石を身に付けるのって人間にとってもパワーストーンにとってもお互いイヤなことしかないじゃないですか^^;

だから結局、「好きな石・惹かれる石が必要な石」なんですよね。

レイキやエネルギーワーク系でも同じなのですが、一度「自分には何か合わない」という感覚を感じてしまうと、もうそのエネルギーには触れたくない、という拒否感を持ってしまいます。


石や目に見えないエネルギーなんかだと避けたり遠ざけたりするのが簡単で自分で選べることなので、お金や時間をかけた結果「無駄なことをしたな」という後悔になりがちでもあります。

パワーストーンの効果やエネルギーワークの実感が難しい原因は、この辺にあります。
「感じること」そのもので自分自身の気力や体力・行動の変化がどのように関連付けられるのか、自分自身で観察してその効果を客観的に判断できるように見る必要があります。

持っていて気分がアガるかどうか

人は気分が良ければ、だいたいのことが良い事に思えたり、ちょっとしたことに感謝しやすくなります。

例えば、私はお酒に酔うと陽気になるタイプなのですが(依存症になりやすい酔い方ですが、幸いなことに?アルコールアレルギー体質なのであまり飲めません・・・すぐ顔が赤くなりお腹を下します(笑))、酔ってるときは普段の悩みがどこかへ飛んで行きますので、わりと世の中や人生に関して寛容になります。

・・・例えが私の酒の失態であまり良い例ではないんですが^^;
ようは、気分を良くする効能さえ出せたら良いのです。
パワーストーンによって「そう感じやすい状態」にもっていこうとする時に、パワーストーンの意味や知識はかえって邪魔になる、というわけです。

☆結論:パワーストーンは友人関係のようなもの。
無理して付き合ったり、利害関係で選ばず「何となく気が合いそう」な石を選ぶといいよ

もっと分かりやすく考えるには、そのパワーストーンやエネルギーと友達になりたいかどうか?で考えるといいかもしれません。
友達とは、対等で、お互いを思いやりを持って、良い方向へ導き合えるような関係性です。


実際の人間関係も利害関係とか「こうしてくれなくちゃ嫌!」と欲求を満たしてくれることばかり考えて向き合うと、その関係は失敗しますよね。
パワーストーンも一緒で、気が合わないなら無理して付き合う必要が無いのです。

意味だけを考えて選ぶと、本当は(潜在意識的に)気に入らない石を選んでいることもけっこう多い。
表面的な現象の裏にある真の原因を解決してくれるエネルギーの石は、思考・知識では見つからない。

なので、店頭で店員さんのアドバイスを受けることや意味辞典を見ること自体はしてもいいけれど、それだけで石を選ぶと失敗しやすいよ
決める時は、最終的に直感や見た目・この石を選びたいと思っているか、といった感覚を大事にしよう

というお話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました